多肉植物の育て方!初心者でも室内で簡単に育てられるコツを伝授

ガーデニング初心者さんが、失敗なく育てられる植物といえば「多肉植物」でしょう。

ぷくぷくした葉っぱは見た目にも可愛いし、色鮮やかな多肉植物を寄せ植えすれば、それだけで見栄えのするインテリアにもなっちゃいます(*^_^*)

室内で簡単に育てられる多肉植物ですが、初心者さんでも簡単に育てられるコツを知りたくないですか?

そこで今回は、室内でも育てられる、初心者さん向けの多肉植物の育て方をレクチャーしていきます!

多肉植物とかわいい雑貨

多肉植物を育てる上で必要なものは?

お部屋の中に緑があると本当に癒されますよね。でも、一般的に観葉植物とよばれるものは、水やりや置き場所など育てるのが難しい種類も多いです。

その点、多肉植物であれば必要な用具さえ用意してしまえば、後は植えるだけという簡単さ。

その後の管理も気をつけるべきポイントは少ないので、ガーデニングに慣れていない初心者さんでも世話が苦手なずぼらさんでも、素敵な寄せ植えが作れちゃいます♪ 

先ずは用意するものを見ていきましょう。

●多肉植物の寄せ植えの作り方●

<準備するもの>
●鉢(底に穴を開けられるものなら何でもOK)
●鉢の底に敷く鉢底石
●鉢底ネット
●多肉植物の培養土

<多肉植物の植え方>
1、お好きな鉢の底に鉢底ネットを敷きます
2、その上に鉢底石を1~2cmほど入れます
3、多肉植物用の培養土少し入れたら、多肉植物の根についた土を落とします。
4、寄せ植えする場合はいくつかの多肉植物を、バランス良く配置します。
5、最後に多肉植物の隙間を埋めるように、培養土を入れていき、上から2cm程まで入れたらしっかりおさえます。

 鉢底石は排水性や通気性を良くする働きがあります。多肉植物は観葉植物や草花のように頻繁な水やりは必要ありませんが、通気が良くないと根腐れを起こす原因にもなります。

多肉植物を植えるための培養土は、草花用ではなく専門の土や、小粒の赤土などを使うようにしましょう。草花用の培養土だと水持ちが良すぎて、多肉植物には合いません。

多肉植物を一から育てるのに便利なセットもあります♪

初心者でも簡単♪多肉植物の育て方レクチャー

多肉植物を育てるのは簡単です。光にタップリ当てることを忘れずに、水を与えすぎないことを頭に入れておけば、大抵はすくすく育ちます。

多肉植物自体がたくさんの水分を含んでいるので、水やりは室内で育てるのであれば、月に2回くらいでいいでしょう。

夏場は屋外に出して育てても良いのですが、直射日光は避けて明るい日陰においてください。また、冬は室内に入れて、日当たりの良い窓辺などに置くといいですね。多肉植物には窓辺が本当に似合います!

もし、寝室やキッチンなどに置きたい場合でも、時々日に当たる場所に移動してあげないと、しっかりしたぷにぷに感がなくなってしまいひょろひょろに伸びてしまうので注意が必要です。

下記の動画も参考になるので見てくださいね♪さまざまな種類の多肉植物が見られますよ(*^_^*)

多肉植物の管理方法と増やし方は?

多肉植物は簡単に増やすことができちゃうんです!お気に入りの多肉植物があったら、それをどんどん挿し木して増やしましょう。

多肉植物の管理法として、伸びすぎたらカットすることが大切です。そのカットした部分を土の上に置いておくとか、挿すだけでも根が張ってきます。

挿した後は2~3週間は水やりをするのを控えましょう。

多肉植物アレンジの見本 アンティークカフェブックの多肉寄せ植え

多肉植物を寄せ植えするときは、好きな苗をいくつでも使って良いのですが、いざ寄せ植えしようと思うとどういうデザインがいいのかなぁ?などと悩むこともあるかもしれませんね。

そんな時は先ずは一つ見本になる寄せ植えを買ってみるのも、一つの方法です。こちらの多肉植物の寄せ植えは、ブリキでできたアンティークのカフェブックをかたどった鉢に植えられています。

鉢の色はグリーン、レッド、ホワイトの3色から選べ、大きさもSサイズ、Mサイズから選べます♪

明るい窓辺にこんなアレンジが、ちょこんと置いてあるだけでお部屋全体がおしゃれな雰囲気に見えますよね~(^^)/ 多肉植物は出荷時に一番状態の良いものを組み合わせて寄せ植えしてくれるそうですよ~。

いつかはこんな素敵なアレンジが、自分で作れるように頑張りましょう♪

まとめ

ガーデニング初心者さんでも、比較的簡単に育てられる『多肉植物』

多肉植物にはいろいろな種類があるので、それを選ぶだけでも楽しいですよね~♪今回は多肉植物の育て方のコツをレクチャーしてきました。どうですか?案外簡単に育てられそうでしょ?

今は、多肉植物用の土や肥料などもセットになっているものもありますので、そういう便利グッズを使って多肉植物の癒やしの空間を作ってみてくださいね~(^^)/

おしゃれな多肉植物はまだまだいっぱいあります!